アレルギー・一般外来 診療内容

ネットから診療予約はこちらから

 当院の特色は、小児の病気全般の診療に加え、「小児喘息ぜんそく)」、「アトピー性皮膚炎」、「食物アレルギー」などの小児アレルギーを専門に診療を行っていることです。

喘息(ぜんそく)などのアレルギーは風邪や胃腸炎と違って、数日で治るような病気ではありません。病気が悪くならないように通院治療していき、症状を安定させていく、いわば症状をコントロールすることが大切と考え られています。

病院からアレルギーの薬をもらってはいるが、症状がひどい時だけ服用する、そしてまた症状が強く出たらそのときに思い出したように通院する。これを繰り返していると小児アレルギーは確実に症状がエスカレートし、悪化していきます。

このような間違った治療は、症状の悪化だけでなく、新たなアレルギーの発症に結びつくと言われています。これをアレルギーマーチと言い、予防するには、アレルゲンを早くから除去する、皮膚を早くきれいにしておく、アレルギー体質が強い場合は抗アレルギー剤を長期使用する、というような方法があります。

アレルギーは、上手に付き合い、長い目で治して行くことが大切です。

当院では、ひとりひとりにあったアレルギーへの対処法を考え、うまくアレルギーと向き合い、治療していきます。

アレルギー児への予防接種について

 卵アレルギーがあった場合、麻疹やインフルエンザのワクチン接種を希望して医院を受診しても断られることがあります。
それは、これらの予防接種をすることで、ショックなど強いアレルギー症状を起こしてしまうことを心配しているのだと思います。
 しかし、実際のところは、ちゃんとアレルギー専門医が診れば、接種が可能な場合が多いです。 なかなか接種が進まない方は相談して下さい。

アレルギー食診断書の発行

 食物アレルギーのため、園・学校給食に食品除去や制限の必要なお子様のために「アレルギー食診断書」を発行しております。
小児アレルギーの専門家の立場から、詳細な問診や検査のうえ、的確な指示書を発行いたします。
是非ご相談ください。

食物経口負荷試験外来について

 金曜日の午前中に「食物経口負荷試験」を行っております。食物アレルギーでは食物の除去が必要な場合があり、その除去や再開の判断には、「食物経口負荷試験」が必要です。

この除去と再開の判断は、実は小児科医でも適切に指導することは難しく、残念ながら、除去だけ指示され(それも無意味に過剰に)、その後の適切な指導をされていないことがよくあります。

20分ごとに食品を少しずつ増やして、その都度診察します。
アレルギーで悩む患者さんのために全力で臨みたい、そういう気持ちで取り組んでいます。

小児心臓外来について

 健診で心臓の雑音を指摘された、兄弟や近親者に心臓病がいて心配、川崎病後の心臓合併症の経過観察、軽度の心疾患で専門病院を定期受診をしているが遠いし待ち時間が長くて不便、そんなお子さんを診察する専門の外来です。聴診・心臓エコー・レントゲンによる診断を行います。

 担当は深谷隆(ふかや たかし)医師です。

深谷隆(ふかや たかし)医師 略歴
昭和48年 京都大学医学部 卒業
昭和48年~ 神戸市立中央市民病院 小児科
平成12年~ 西神戸医療センター 小児科
平成14年~ 同 小児科部長
平成20年~ 同 副院長 兼 小児科部長
平成24年~ 同 院長代行 兼 小児科部長
平成25年~ 同 院長
平成28年~ 兵庫県予防医学協会
現在 兵庫県予防医学協会 常務理事 兼 健診センター参与
専門医資格
日本小児科学会認定 小児科専門医
日本循環器学会認定 循環器専門医
日本超音波医学会認定 超音波専門医 および 指導医
日本医師会認定 健康スポーツドクター 産業医

 小児科専門医であり心臓専門医でもある深谷先生は、子どもの心臓病の診療に長年にわたって従事されています。院長の元上司でもあります。

受診の仕方

完全予約制ですので、受付に電話でご相談ください。受診した方が良いか迷う場合は、まず院長の診察を受けて、相談してください。
・川崎病の病後の経過観察、診断の付いている軽度の心疾患の方は、主治医からの深谷医師宛の紹介状を持参いただくと、より診療がスムーズです。なくても構いません。
心臓の薬を内服中や酸素投与中など、現状ですでに治療を要する心疾患の方は、診療の対象になりませんので、ご了承ください。

新生児から診察できます

 日本でも有数のNICU(新生児集中治療室)で、早く生まれたり小さく生まれた赤ちゃんをたくさん診てきました。これらの赤ちゃんは、他の赤ちゃんよりも成長・発達に支援が必要であったり、風邪でもひどくなりやすかったり、また保護者の方々も不安を抱えておられることが多いです。
当院では、NICUでの経験をもとに、そんな赤ちゃんや保護者の方々に適切な診療やアドバイスを行うことができます。

乳児健診について

成長・発達・育児で心配なことはないですか?
神戸市集団健診を除く、9か月健診を当院で受けていただくことができます。
神戸市から郵送されてくる書類をご持参ください。
また、お子さんの成長(身長・体重・健康状態など)や発達に不安があるときも、任意に健診を受けていただけます(自費)。

一般外来について

 お子さんの病気や治療法に対する不安や心配が解消されるように、病気やお薬の内容を十分に説明し、また自宅での対処法や注意点も丁寧に指導したいと思います。
また、診断や病状をできるだけ正確に把握できるように、院内に最新の診断設備を導入しています。
病気によっては、入院治療が必要な状況もあります。
その場合には、六甲アイランド病院、神戸中央市民病院などの中核病院と連携し、速やかな治療・処置が受けられるよう手配します。

院内で出来る検査と手配が可能な検査

①血液検査(I)
重大な感染症や川崎病などの疾患を迅速に診断するのに有用なCBC(末消血の白血球数等)やCRP(炎症反応の強さを判定する指標)検査は、院内の機器で行うため、約15~20分で結果が判ります。
②血液検査(II)
血液型、肝機能、腎機能や各種抗体検査、アレルギーの検査等、ほとんどの検査が可能です。
検査項目によって結果判明までの日数は変わりますが、至急検査では検査当日(午前中の場合)に結果が判ります。
③尿・便・細菌培養検査等
一般検尿検査は院内で実施しています。それ以外は外注検査ですが、ほとんどの検査は可能です。
④院内迅速検査
溶連菌感染症、インフルエンザ、アデノウイルス感染症(咽頭結膜熱・プール熱)、RSウイルス感染症は院内の迅速キットによる検査(10~20分くらい)が可能です。
⑤レントゲン検査
レントゲン検査(胸部、腹部、副鼻腔)は当院で実施可能です。
最新のCR機器を導入しましたので、綺麗な画像が数分で得られ、何より従来の装置と違い被爆量を少なくすることができます。
⑥エコー検査
虫垂炎や腸重積など診断に急を要する病気や、生まれつきの心臓や腎臓の病気などの診断に有用な超音波検査(エコー検査)も行っています。

予防接種外来について

 VPDから子供を守りましょう!
当院では、予防接種を積極的に行っています。それは、小児科医としてワクチンで防げたはずの病気(VPDといいます)で、苦しむ子供たちを見てきたからです。
あまり知られていないことですが、日本では、欧米などの国にくらべて大変多くの子どもたちがVPDにかかって、健康を損ねたり命を落としたりしています。
ワクチンで防げる病気は予防しましょう。
ワクチンデビューの準備は1ヶ月健診が終わったら!

もし、ワクチンをうつ順番が分からない場合や、ワクチンに不安がある場合は、1ヶ月健診が終わったらすぐに、受診してください。
迷っている間にVPDにかかっては悔やみきれません。ワクチンについてのお話と、今後の接種スケジュールの作成をさせていただき、生後2か月のワクチンデビューのお手伝いをします。

ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日

徹底した院内感染への対処

 クリニックに行きたいけど、逆に違う病気をもらうのも心配・・・。
その心配は良くわかります。
当クリニックでは、院内で患者さん同士のうつし合いを極力防ぐために、徹底した対処を最大限に行っています。
院内で過ごす時間を極力短縮するために、予約システムの導入や、呼び出しベルでお車の中でお待ちいただけるシステムを導入しています。

さらに予防接種・健診のための専用の診察時間を設定しています。 待合いは、熱のある方と別にお待ちいただける隔離待合室や、逆に水ぼうそうやおたふくかぜなど感染力の強い病気の患者さんのために、入り口が別の隔離診察室を設けています。

また、当院では靴を履き替えずにそのまま土足で上がっていただけます。
いくら綺麗に掃除された床であっても、床には落下細菌が無数に存在しています。
床と接触することは、落下細菌との接触を意味しています。履き替える方式では、床に寝転がるお子さんも出てきます。同伴の保護者の方も履き替える方式にした『きれいに見える床』であれば子供が床に接触することに寛容になってしまうでしょう。

患者様間の共有物からの接触感染防止も重要です。
当クリニックでは、なるべく共有物を少なくするように心がけております。このため、プレイルームはなく、お子さんが口に入れやすいおもちゃも置いていません。しかしながら、少しでも待ち時間を快適に過ごしていただくように、絵本を置き、大型の液晶テレビで良質のアニメ(クレイアニメなど)を流しています。

順番がきたらベルでお呼びします

お車でお越しの方は、待合室ではなく車内でお待ちいただくことも可能です。
小さい端末を受付でお渡しして、その端末が鳴ると順番が近づいたことをお知らせするシステムを導入しています。

院内感染を防ぐだけでなく、待ち時間を車内で気楽に待つ事ができます。

院長のブログ

最新記事一覧はこちら

アクセス

詳しい地図はこちらをクリック

由良小児科 外観写真

ゆら小児科クリニック
☎078-855-6007
神戸市東灘区御影2丁目32-11
(御影ドクターズビレッジ内)

最寄りの駅阪急 御影駅
JR 住吉駅

当クリニック内に無料駐車場が29台分ございます。

由良小児科 駐車場について

広々とした駐車場ですので、運転の苦手な方でもゆったりと停めていただけます。

休診日のご案内

毎週水曜日・祝日・第2日曜日 休診